経験、良いと思ったものを誰かに伝えるブログ。

だれかのためになるぶろぐ

ストレス

ネガティブ思考をやめたい。気分変調症(抑うつ神経症)かも?

更新日:

こんにちは。今回は、気分変調症(抑うつ神経症)について書きたいと思います。

私は、仕事のストレスから心身を壊してから、初めて心療内科を受診して薬物治療をしてきました。現在までにクリニックを3回変えて3回診断名が変わりました。(ちなみに、現在の私は回復期かほぼ治癒しています。)

一番初めのクリニックで診断されたのが”気分変調症(抑うつ神経症)”でした。(精神疾患は、患者のその時の精神状態や医師がどの症状にフォーカスするかによって診断されるので診断名が変わるのは良くあるそうです。)

気分変調症(抑うつ神経症)とは?

慢性的な抑うつ状態が2年以上小児及び青年は1年以上持続する、重症の状態である。

うつ病ほど急性かつ重症ではない。慢性的な障害のため、診断を下されるまでに症状を長年経験している。そのため、抑うつ状態を自らの性格の一部だと信じていることがあり、その場合は医師や家族、友人にすら話さないことがある。(Wikipediaより)

抑うつ状態とは、気分が落ち込んで活動を嫌っている状態のこと。そのため、思考・行動・感情・幸福感に影響が出ている状況のこと。(Wikipediaより)

”慢性的な抑うつ状態が2年以上”と説明されています。振り返れば私は、学生の頃に”ネガティブ思考でマイナス思考な自分が嫌い”で自分のことを責めたり、全く笑えなくなったり”抑うつ状態”にありました。

説明にも書かれているように、自らの性格の一部だと思っていて仕方のないことだと思っていました。

症状

長期間の抑うつ気分不眠や過眠疲労感や何もやる気が起こらなかったり過食や小食になったり些細なことにも怒りやすくなったり自尊心の低下や絶望感があります。

気分変調症(抑うつ神経症)の特徴は、この症状のうち2つ以上を合併することです。

私の症状としてあったものは、長期間の抑うつ気分、不眠、疲労感と何もやる気が起こらない、小食、自尊心の低下と絶望感がありました。

慢性的なものは治らないの?

気分変調症(抑うつ神経症)は、慢性的なものなので「治らないのではないか」と思っていましたが、きちんと診断を受け治療をしていくことで良くなります。

私はストレス原因だった実家から離れて一人暮らしをしたことと、仕事から離れて(休職した)薬物療法を受けたことで、症状がピークだった時よりも落ち着きました。

(私は実家で感じていたストレスから逃れるために生活環境を変えて、ストレス軽減を試みました。結果的に仕事のストレスで潰れてしまいましたが・・・)

最後に

心の不安やモヤモヤを感じていたり、気分変調症(抑うつ神経症)の症状に当てはまったけど、まだ心療内科や精神科を受診されていない方は、早めに受診されることをおすすめします!

私も学生の頃に受診していれば良かったかなと思いました。

一度心身を壊してしまうと、元気になるまではかなり時間がかかりますので『おかしいな』と思ったら専門の医療機関に頼りましょう。『自分はネガティブ思考だから仕方ない』と思っていたら危険信号です。

-ストレス
-, ,

Copyright© だれかのためになるぶろぐ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.