経験、良いと思ったものを誰かに伝えるブログ。

だれかのためになるぶろぐ

睡眠

健康的な睡眠時間とは?寝不足が続く何が起こる?

更新日:

こんにちは。今回は、睡眠の大切さについてお話ししていきたいと思います。

睡眠の効果

睡眠中は、 成長ホルモンが分泌されることにより、日中に溜まった身体の疲れをとったり、心身の修復をします。

また、起きているときに見たものや学習したものを脳に定着させたり、記憶を整理したりしています。

日本人の平均睡眠時間

皆さんの睡眠時間はどのくらいですか?

人によって差はありますが、日本人の平均睡眠時間は6時間以下となっているようです。(厚生労働省の調査結果)

睡眠時間はどのくらいが健康的?

適切な睡眠時間は、7時間最も健康に良いと考えられています。

米国カリフォルニア大学サンディエゴ校と日本の対がん協会が110万人を対象に6年間の睡眠調査をしたところ、7時間の睡眠をとっている人が最も死亡率が低いことが分かっています。

睡眠は、時間をとればいいというだけではなく、も大切になっています。

ノンレム睡眠とレム睡眠について

深い眠りの”ノンレム睡眠”と、浅い眠りの”レム睡眠”があります。

睡眠中は、この2つを繰り返しています。急速な眼球運動があり、脳が覚醒状態の浅い眠りレム睡眠の時に、夢をよく見るといわれています。

『急速な眼球運動のない深い眠りのノンレム睡眠だけがとれていれば問題ないのでは?』と思う方もいるかと思いますが、睡眠は、約90分間隔でノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返しています。

すっきり起きるためには

しっかりとノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返し眠ることが出来て、レム睡眠のタイミングで起床できれば、すっきりとした目覚めを感じることが出来ます

就寝直後はレム睡眠(90分)→ノンレム睡眠(90分)→レム睡眠(90分)→ノンレム睡眠(90分)→レム睡眠(90分)の間に起床するとすっきり!睡眠時間も90×5=450、450÷60=7.5時間となります。

適切な睡眠時間が7時間なのと、最後のレム睡眠の間に起きることを考えると90×4=360、360+60=420、420÷60=7時間となりますね!

寝不足が続くと、何が起こる?

睡眠時間が少なかったり、質の悪い睡眠ばかりで寝不足が続いたりした場合、どんなことが起こるのでしょうか?

物事に集中するために必要なノルアドレナリンの働きがにぶってしまい、 集中力が低下します。そのため、仕事のミスが増えたり効率が悪くなったりします。

物事への関心の低下や、判断力の低下、抑うつ状態の原因にもなります。これらが重症化すると、精神的なストレスが溜まりうつ病などの精神疾患になる可能性が高くなります。

また、免疫力が低下するため風邪をひきやすくなったり、生活習慣病になる可能性が高くなります。

次回は、実際に私が体験した不眠症についてお話ししたいと思います。

-睡眠
-,

Copyright© だれかのためになるぶろぐ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.