経験、良いと思ったものを誰かに伝えるブログ。

だれかのためになるぶろぐ

学生生活を終えて働くことについて

更新日:

こんにちは。今回は、私が働くことへの疑問について書きたいと思います。金銭的な面ではなく、気持ち的な面をピックアップします。

前回の記事にも書いたように、人は限界を超えて耐え続けると心身が崩壊します。壊れていくスピードは人それぞれです。

学生のころから疑問に思っていたのですが、”何故学校に通ってある過程を終えたら就職活動を経て仕事をしなければならないのか”ほとんどの人が高校3年を終えて就職したり、大学4年を終えて就職をしますよね。(ちなみに私は専門3年卒です。)

きっと学生生活の期限が終わる前に嫌々就職活動をしているのではないでしょうか。”学生が終わるから早く働き口を探さなきゃ”そうやって焦って自分の希望ではない職に就いてしまったり、希望の職に就くまでに時間が足りなくて諦めてしまう人もたくさんいると思います。(ちなみに私は就職活動を早く終えたいと、こだわりなくテキトウに受けて受かったところに決めてしまっていました。)

”仕事に行くのが嫌だ”とか”楽しくなくて続けられない”など、気持ちの面を考えるとそうした人たちが、嫌々と仕事を続けてしまうことで心身を壊してしまうのではないかと思います。

また、”安定しているイメージ”から親の望みで大手企業に就職しろだの、公務員に就けだの言われて自分の望みではないところに就職してしまう人もいると思います。

金銭的安定はあるかもしれませんが、残業が多かったり、パワハラやセクハラが絶えないことで心の余裕はなくなります。イメージだけで”こうなりなさい”と押し付けられるのは勘弁してほしいですね。

みんながやりたいことを好きな時にできる世の中になったらいいなと思います。

-
-, , , , ,

Copyright© だれかのためになるぶろぐ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.